2015年2月アーカイブ

部屋探しを現実的に開始

「サイトは良く眺めるけど、部屋探しの開始時期ってあるの?」そりゃ...、借りられる条件が整った時?「えーっ、何それ。具体的には?」

んー、やっぱ費用よね。借りる時、家賃の4ヵ月位は必要。「内訳も、ついでに」敷金、礼金、仲介手数料それぞれ1ヵ月、契約から日割り、さらに前家賃。んーと、他は保険。

「結構かかりそう、部屋探し費用」そう、これが無いなら、サイトで見るだけにしとけ。ハハハー。不動産屋の熱意を持った対応は、まず期待出来ません。

「ほんとー?ガッカリ」内見して気に入れば、契約まで約一週間。そん時払えなかったら、後悔するし、営業マンも無駄足。向こうも、話をトントン進めたがる。当たり前ね。

部屋探しの情報は、ネット検索がお勧め?」うーん、自分が実際に住むんだから、見るべきでしょう。それに、徒歩10分とか、絶対お確かめポイント。

自転車で楽勝!ところが、坂キツク失敗。ありがちエピソード。フィーリングも写真とじゃ、違う。「憧れ、夢一杯な一人暮らし。でも部屋探しは、マジ現実的」

時期が限定される部位

白子や魚卵等を始めとして、生珍味が大好きな私。それに付随し、肉は内臓系を好む。この傾向は、女性に強い気がする。

無論、飲み友達の嗜好も一緒。だから牛のレバ刺しが、食べられなくなった時は、人生の楽しみが半減したと嘆いたさ。

昨日訪れた居酒屋で、初めて見る食材があった。「イカの白子」である。私も同行者も経験が無いので、即決注文。

サッと茹でたものを、ポン酢に和えたやつを注文。味は...美味しくも不味くもありません。鮭や鱈とは違い、ねっとりしたコクも無く、何だこれ状態。

後日ネットで調べてみると、白子が入ってるイカ自体が少なく、さらに時期も限定される為、非常に貴重な部位との事。人生経験に良いけど、もう次はありませんね。