2015年3月アーカイブ

何見てんの?「あっ、姉貴。うん、ヘアアイロン 2wayおすすめランキングだよ」はぁ?最近バサッリと、ショートにしたばっかじゃん。思ったより、似合うね。

「けど毎日同じで鏡見るの飽きた。ちょっと、いじくりたい。学校パーマ禁止だしさ」アハハ、当然と言えば当然。学生は勉学に励むべきっ!!

ま、分かるけど。通学にはストレート、休日はカール。そんでヘアアイロン 2wayおすすめランキングか、クレバーな選択だと思うよ。

「外巻き、憧れる。んーっと、どれ?」そりゃ上位のモン注目っしょ。口こみ、評価ある?「そだね。使い心地も書いてある」

へぇ、カキコ詳細。値段の比較もバッチリ。じゃ、ヘアアイロン 2wayおすすめランキングで、簡単選別。店へ行く必要無し!

ショートだから、ロット細目必要。お金あんの?購入サイト、クリックしたら?

「姉ちゃん、私は学生、カードありません。もうすぐ誕生日、前倒しでプレゼントプリーズ!君はラッキー!」

何?誰がラッキーよ。だから、ヘアアイロン 2wayおすすめランキングを検索か。クッソー、藪ヘビー!余計なおしゃべり、すんじゃなかった。

重苦しい雰囲気漂う脚本

友達の奨めで「さよなら渓谷」という映画を観た。少し描写が強い作品である。

あらすじはすごく深いけど、15年前に自分をいたずらした男と、夫婦生活を送る女性の怒りや葛藤を描いてる。

全国で大々的に宣伝、上映される映画よりも、私はこういう心情を映すやつが好き。監督は大森立嗣。「大森組」と呼ばれるチームのボスである。

作品はいつも賛否両論を受けるけど、俳優も骨があるキャストを選ぶ為、観てて引き込まれる。主人公・真木よう子、相手役・大西信満(おおにししま)。

一線級とは言えないが、顔も良く味のある演技をする俳優。以前観た「キャタピラー」という作品で難しい役を演じ、すっげー俳優もいるんだなーって思い、脳裏に刻まれた人。

全編、重苦しい雰囲気漂う映画ではあるが、考え深い良い脚本だと私は思う。